自分でできることは自分でしたい。けど、どこから手をつけていいかわからない。
そんなあなたに「自分でキレイなお庭を保つ方法や道具」をざっくりとご紹介します。
春の訪れにむけて、お庭をキレイにしましょう!

まずはいらないものを少しづつ処分

枯れた苗や植木

ガーデニングショップで気に入って購入したものの、枯らしてしまった苗。
そのままにしているとどんどんたまっていきますし、掃除もしにくいので少しずつ処分しましょう。

枯れた枝葉や根は燃えるゴミ。土は、花壇や庭にまくか、土壌改良して再活用ですね。
ご自分で処分しきれないほどの量がある場合は、業者に相談してみてください。(ジャスグリーンでも受け付けてます)
枯れた庭木の処分は、業者に依頼しましょう。

使わなくなった植木鉢

使わなくなった植木鉢も溜まれば見た目もすっきりしないし、結構無駄にスペースとりますよね。
掃除もしにくいので、植木屋さんにお手入れを頼んでる場合は、その分お手入れ料金も高くなりがちです。

植木鉢の処分方法は素材によって変わります。
分別方法は自治体によって異なりますので、まずは各自治体にお問い合わせください。

その他、不用品回収業者で引き取ってもらうこともできます。量が多い場合は、手っ取り早くて良いかと思います。

低木類は自分で剪定する

背の高い庭木やシンボルツリーは植木屋さんにお願いして、低木や脚立を使わなくても良い庭木の剪定は自分でやってみるの良いですね。

剪定方法はGoogleやYouTubeで検索するといくらでも出てきます。
業者に頼むよりメンテナンスのコストも抑えれますし、簡単な剪定はご自分でされるのも良いかもしれません。

落葉掃除に便利!

落葉掃除や剪定の時に出たゴミの掃除は、プロも使ってる掃除道具があれば便利です。
写真上から、
・ゴミを入れるフゴ袋
・マキタ充電式ブロワ18V UB183DZ
・手ぼうき
・プラスチック製のミニ熊手
・手箕(テミ)
どれも、ホームセンターやネットで購入できます。

今回は、「自分でキレイなお庭を保つ方法や道具」をいくつかご紹介しました。次は、剪定や簡単な掃除の方法など、少しずつですがご紹介できればと思っています。